ビットコインと他の仮想通貨をど素人が取引してる日記です!

ビットコイン+αの取引日記

ビットコインへの投資は危険?おすすめ?どっち?

更新日:

「ビットコインに投資するって危険じゃないの?」という質問は、ビットコインの話しをする度に聞かれることです。特に投資をしたことのない人は、ほぼ100%こういう聞き方をします。

そこで私は、「はい、危険です。」と即答します。

ビットコインへの投資は危険なのか?

投資にリスクは付き物です。Wikipediaで『投資』を引くと、冒頭は↓こういう書き出しです。

投資(とうし、英: investment)とは、主に経済において、将来的に資本(生産能力)を増加させるために、現在の資本を投じる活動を指す(現代において、生産能力の増加しない商業活動はこれに含まない)。広義では、自己研鑽や人間関係においても使われる。どのような形態の投資も、不確実性(リスク)が伴う。一般に、投資による期待収益率が高い場合、不確実性(リスク)も高まる。この一般則に反する取引が可能な場合、裁定取引が行われ、収益率の低下またはリスクの増大が起こる。

引用:投資 - Wikipedia

↑この中に、一般に、投資による期待収益率が高い場合、不確実性(リスク)も高まる。とありますが、この言葉がズバリ物語っています。これはビットコインに限らず投資全般に言えることです。

先物・株・為替、不動産などが投資で一般的に連想するものですが、ビットコインもそれらと何ら変わりないです。

 

リスクが怖かったら日本の国債を買いましょう。国債なら日本国が元本保証してくれるので、リスクは日本が財政破綻した場合です。ま、そんな時は日本円の銀行預金も現金も全部紙くずになりますけどね(^o^)v

ただ、見返りは非常に少ないです。

個人向け国債が1万円から買えますが、現時点での利率は0.05%で、1年目で得られる金利は2円です。

財務省の購入シュミレーションをしてみたら変動10年で持ち続けて得られるのは301円でした。銀行の普通預金の金利が、メガバンクで0.001%ですから国債の方が遥かに良いですけどね。

かなり話しが脱線してしまいましたが、これが投資でリスクが少ない=リターンも少ないという典型例です。

 

その逆でビットコインはリスクが大きい=リターンも大きい投資先といえます。

ただ、このリスクは投資の仕方で減らすことも増やすこともできます。極端な例ですが、レバレッジを効かせて短期の売買で差益を狙うのか、それとも数百円、数千円単位で定期的に積み立てて行くのかでは、リスク(=リターン)が大きく違います。

それぞれ、抱えられるリスクのキャパが違うので、自分のリスク容量に合った投資方法を探すのも大切です。

私はココ で取引してます>>>簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
 

-ビットコインの投資
-, ,

Copyright© ビットコイン+αの取引日記 , 2018 AllRights Reserved.